メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

ずさん融資露呈 内部調査公表、全容解明遠く

シェアハウス融資問題で陳謝する米山明広スルガ銀行社長(左)=静岡県沼津市上土町で2018年5月15日午後3時8分、石川宏撮影

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」の投資トラブルを巡り、スルガ銀行が15日公表した内部調査報告書は、同行のずさんな融資審査体制を改めて浮き彫りにした。詳細な調査は第三者委員会に委ねられたが、「銀行が不正に積極的に関与していた」という関係者の証言は多く、徹底した実態解明が求められる。

社長「リスク認識できず」

 記者会見したスルガ銀の米山明広社長らによると、同行がシェアハウス向けの融資を始めたのは2013年で、業者に提案されたのがきっかけだったという。18年3月末時点のシェアハウス向け融資は、経営破綻したスマートデイズを含む約10業者の物件で、同行の個人向け融資の2割にあたる約2035億円にのぼった。

 米山社長は「シェアハウスは特殊な案件なのに、リスクが十分認識できていなかった」と説明。報告書では、…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです