メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ問題

「メディアで働く女性ネット」が要請書

麻生財務相の発言撤回と謝罪など求める

 財務省の福田淳一前事務次官のテレビ朝日記者に対するセクハラ問題を受け、新聞、テレビ、出版、インターネットメディアなどで働く女性で組織した「メディアで働く女性ネットワーク」が15日、安倍晋三首相、麻生太郎財務相、野田聖子女性活躍担当相に、麻生財務相の発言撤回と謝罪などを求める要請書を提出した。

     会員は31社の社員とフリーランスの計86人(15日時点)。要請書では「セクハラ罪という罪はない」などとした麻生財務相の発言を、「セクハラを矮小(わいしょう)化し被害者に2次被害を与える」と批判し、撤回と謝罪を求めた。安倍首相には麻生財務相に発言撤回と謝罪を促すこと、野田担当相には福田前次官に対する財務省の調査が適切だったか検証することなどを求めた。

     代表世話人を務めるフリーランスの松元千枝さんは「『セクハラをうまくいなせてこそ一人前』と耐えてきてしまったツケだ、という声も会員から届いている。職場でマイノリティーだった女性たちが支え合える組織にしたい」と話し、相談窓口の設置や集会の開催などを実施する考えを示した。【山田麻未】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    3. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
    4. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に
    5. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]