メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟女児殺害

「事故装うため遺体を線路に置いた」供述

新潟県警新潟西署を出る小林遼容疑者(中央)=新潟市西区で2018年5月15日午後0時59分、梅村直承撮影

死体遺棄・損壊容疑で逮捕の容疑者

 新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、自宅近くの線路に遺棄された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された同市西区の会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)が「事故を装うために遺体を線路に置いた」と供述していることが判明した。殺害についても認め、「(遺体を運ぶのに)車を使った」とも供述しており、新潟県警捜査本部は供述の裏付けを進めている。

 遺体の遺棄現場は大桃さんの自宅から百数十メートルのJR越後線内で、遺体は上り電車にはねられ、数十メートルの範囲にキャラメル色のランドセルやスニーカーが散乱していた。捜査関係者によると、スニーカーは履いていない状態で、はねられる前は遺体やランドセルと一緒に置かれていたとみられる。行方不明になってから約7時間後の7日午後10時19分~同30分ごろに遺棄されており、小林容疑者が事故を装い、自宅近くに遺棄した可能性がある。

 一方、小林容疑者は大桃さんが行方不明になった7日に勤務先の電気工事会社を休んでいた。同社によると無断欠勤で、その後も出勤しなかった。

 捜査関係者によると、小林容疑者の黒っぽい色の軽乗用車は、大桃さんが行方不明になった時間帯や遺体が遺棄された前後の防犯カメラ、タクシーなどのドライブレコーダーの映像に映っていた。小林容疑者は先月、未成年に対する県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されており、事件直後に捜査線上に浮かんでいた。

県警捜査本部、死体遺棄と死体損壊の両容疑で送検

 県警捜査本部は15日、小林容疑者を死体遺棄と死体損壊の両容疑で新潟地検に送検した。【井口彩、南茂芽育】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]