メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

エレベーター代替の「新技術」めどなし

名古屋市、調査に着手へ

 木造復元後の名古屋城天守閣にエレベーターを設置しない方針を巡り、名古屋市は15日、エレベーターに代わる代替案として示している「新技術」が現段階でめどは立っておらず、これから開発に向けた調査に着手することを明らかにした。

     この日開かれた市議会経済水道委員会で、市側は新技術について「現時点でそのまま昇降に使える技術は存在していない」と説明し、新技術の開発めども新天守閣の完成予定である「2022年12月まで」とした。議員からは「『新技術』という言葉で丸め込むのではないか」と批判する声が上がった。

     また、市の方針が障害者差別解消法などの法令に抵触していないのかという問いに対し、市は「現時点で抵触しない」と答えたが、将来的な訴訟リスクの想定は「今後詰める」とした。【三浦研吾】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 影山貴彦のテレビ燦々 クールな二宮、「ブラックペアン」 今後に期待したい加藤綾子
    2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]