メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛県

公文書管理条例制定へ 加計問題きっかけに

 愛媛県は公文書管理に関する条例を制定する方針を固め、15日、条例案へのパブリックコメント(意見募集)を始めた。6月の県議会定例会に条例案を提出する。同県今治市への加計学園の獣医学部新設を巡り、公文書のあり方が問題となる中、中村時広知事が条例制定の必要性を指摘していた。都道府県で同様の条例を制定するのは6例目。

     条例案では、公文書の保存や廃棄などのルールを定め、県の意思決定に至る過程を検証可能にすることを義務づける。県民が公文書を検索しやすいように必要な資料を作成し、毎年公文書の管理状況を公表。公文書の適正管理のための職員の研修も行う。

     獣医学部新設を巡っては、首相秘書官と面会した際に県職員が作成した「備忘録」が取りざたされた。こうした文書は条例の対象外とみられるが、県民や国民からの公文書への見方が厳しくなっていることを受け、内部規定でなく条例によって厳正に管理することを決めた。【花澤葵】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
    2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
    4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]