メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊手術

中絶でも国を賠償提訴へ 北海道の夫婦

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして国を相手に賠償請求訴訟を札幌地裁に起こす予定の女性(75)と夫(81)が、不妊手術と同時に強いられたとされる人工妊娠中絶についても賠償を求めることを決めた。弁護団によると、同法をめぐる人工中絶を理由に国を訴えるのは初めて。

 夫婦は北海道在住で、17日に東京、仙台…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文404文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]