メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第8日 自動車工場の労働争議 映画「アット・ウォー」が示すフランスの現実

「アット・ウォー」の公式上映を終え、観客の拍手に笑顔を見せるステファヌ・ブリゼ監督(中央)=フランス・カンヌで2018年5月15日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭は8日目となりました。

 全日程12日間の折り返し点を過ぎ、既にたくさんの作品が上映されましたが、コンペティション部門で14日から15日にかけて上映された2本は、欧米社会が直面する現実に改めて目を見開かされる内容でした。

 まず、15日に公式上映されたフランスのステファヌ・ブリゼ監督の「アット・ウォー」。フランスの自動車部品工場での労働争議を描いたドラマです。

 主人公ローランの勤務する工場の親会社はドイツにありますが、一方的に工場の閉鎖を決めてしまいます。1…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです