メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第8日 自動車工場の労働争議 映画「アット・ウォー」が示すフランスの現実

「アット・ウォー」の公式上映を終え、観客の拍手に笑顔を見せるステファヌ・ブリゼ監督(中央)=フランス・カンヌで2018年5月15日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭は8日目となりました。

 全日程12日間の折り返し点を過ぎ、既にたくさんの作品が上映されましたが、コンペティション部門で14日から15日にかけて上映された2本は、欧米社会が直面する現実に改めて目を見開かされる内容でした。

 まず、15日に公式上映されたフランスのステファヌ・ブリゼ監督の「アット・ウォー」。フランスの自動車部品工場での労働争議を描いたドラマです。

 主人公ローランの勤務する工場の親会社はドイツにありますが、一方的に工場の閉鎖を決めてしまいます。1…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  3. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです