メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

八丁堀でそばを食べるならここ!「かんぎ 新川二丁目」

情報提供:まとメシ

おとなの週末「蕎麦呑み、天国。」特集掲載店舗。蕎麦は、質のよい「布海苔」だけでつないだ新潟は十日町の名物「へぎそば」。イタリア製パスタマシンを使った、断面の丸い自家製麺で、つるつるコシもよく、喉越しもよし。

かんぎ 新川二丁目(最寄り駅:八丁堀駅)

蕎麦は、質のよい「布海苔」だけでつないだ新潟は十日町の名物「へぎそば」。イタリア製パスタマシンを使った、断面の丸い自家製麺で、つるつるコシもよく、喉越しもよし。十日町では基本冷たい蕎麦だが、それを温かい蕎麦で食せるのもいい。相性抜群の新潟の地酒が揃い、夕方からはひとりでも気軽に一杯。毎月最終週の、旬のつまみと日本酒をお得に楽しめる晩酌セットも人気。

にしんそば 580円

よく締まっていて、ツルツル独特の食感とコシが「へぎそば」の魅力。つゆでも呑める

湯豆腐鍋 520円

酒呑みにはうれしい「湯豆腐鍋」。このボリュームで521円!

あなご天ぷら 400円

さくっと揚がった穴子は塩か天つゆで。根菜もうれしい煮込みは最高のアテとなる

新潟の地酒がずらりと揃う。3ヶ月に2度の酒蔵フェアでは現地でしか飲めない酒も登場する

かんぎ 新川二丁目

[住所]東京都中央区新川2-7-7 [TEL]03-3551-5054 [営業時間]10時~21時(17時~18時ハッピーアワー) [休日]土・日・祝 [席]30人(立席) 夜喫煙可/直前予約可/カード不可 [交通アクセス]JR京葉線・地下鉄日比谷線八丁堀駅A4出口から徒歩5分

電話番号 03-3551-5054
2015年11月号発売時点の情報です。

関連記事

銀座でおすすめのバー「和酒BAR AEL」で和酒を飲み比べ!
すし処 浜新(寿司/中村橋)|お手頃価格で味わえる上質な握りとつまみ
三田エリア顧客満足度No.1ランチ!卵かけご飯も好きなだけ|三代目 ぬる燗 加藤(居酒屋/三田)
新潟を代表する銘酒「久保田」の蔵元が手がける割烹ランチ|久保田(和食/銀座)
「奈良旬菜 創作料理 あをによし」で奈良の食材の魅力を多彩な日本酒とともに!


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]