メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊、一斉提訴 「違憲」国に賠償請求

 「不良な子孫の出生防止」を掲げた旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を強制されたのは「個人の尊厳」などを保障する憲法に反するとして、東京、宮城、北海道に住むいずれも70代の男女3人が17日、国に総額計約8000万円の損害賠償を求めて東京、仙台、札幌の各地裁に提訴した。旧法下の不妊手術をめぐる国賠訴訟は、今年1月末に仙台地裁に起こした宮城県の60代女性による提訴に続く第2陣で、一斉提訴は初めて。

 3人の弁護団を中心に当事者の救済を目指す各地の弁護士らが27日に「全国弁護団」を発足させる予定で、…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  4. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  5. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです