メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊、一斉提訴 「違憲」国に賠償請求

 「不良な子孫の出生防止」を掲げた旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を強制されたのは「個人の尊厳」などを保障する憲法に反するとして、東京、宮城、北海道に住むいずれも70代の男女3人が17日、国に総額計約8000万円の損害賠償を求めて東京、仙台、札幌の各地裁に提訴した。旧法下の不妊手術をめぐる国賠訴訟は、今年1月末に仙台地裁に起こした宮城県の60代女性による提訴に続く第2陣で、一斉提訴は初めて。

 3人の弁護団を中心に当事者の救済を目指す各地の弁護士らが27日に「全国弁護団」を発足させる予定で、…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです