メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法をめぐる経緯

1948年 9月    議員立法で成立した旧優生保護法が施行

  96年 6月    障害者差別に該当する条文が削除され、母体保護法に改定

2004年 3月    参院厚生労働委員会で当時の厚労相が強制不妊手術について「こうした事実をどうしていくか考えていきたい」と答弁

   15年6月    宮城県の飯塚淳子さん(活動名)が不妊手術を強いられたとして日本弁護士連合会に人権救済申し立て

   16年3月    国連女性差別撤廃委員会が、強制手術対象者が救済を受けられるよう日本政府に勧告

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです