メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対イラン追加制裁 中央銀行総裁らのドル取引制限

 【ワシントン会川晴之】イラン核合意からの離脱を表明した米国が矢継ぎ早にイランなどへの制裁を打ち出している。米財務省は15日、イランの影響下にあり、米国がテロ組織に指定しているレバノンのイスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ」の資金調達を支援したとして、イラン中央銀行のセイフ総裁や国際部門の高官を制裁対象に指定した。イランによる米ドル取引を制限する狙い。16日にはヒズボラ指導者のナスララ師らも制裁対象に加え…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです