メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

政治学者・白井聡さんが語る、安倍政権の今 「ファンタジー」に支えられ

日米首脳会談後の共同記者会見を終え、会場を出るトランプ米大統領(左)と安倍晋三首相=東京・元赤坂の迎賓館で2017年11月6日、高本耕太撮影

 安倍晋三首相を支持する人々は一種の「ファンタジー」を信じている--。そう分析するのは、著書「永続敗戦論」で知られる政治学者の白井聡さん(40)だ。安倍政治の今を読み解いてもらった。【石塚孝志】

対米従属どこまで

 米国に支配されているとの事実から目を背け、自発的に従属を続ける戦後日本の姿を「永続敗戦」というキーワードで論じてきた白井さん。4月には「国体論 菊と星条旗」(集英社新書)を著し、戦後日本が、天皇(菊)に代わって米国(星条旗)を頂点とする「国体」構造を抱えていると指摘した。

 その問題が顕著に表れているのが、沖縄の米軍基地だ。冷戦時には日本の防衛のためだとされた基地の存在理…

この記事は有料記事です。

残り2309文字(全文2601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです