メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

政治学者・白井聡さんが語る、安倍政権の今 「ファンタジー」に支えられ

日米首脳会談後の共同記者会見を終え、会場を出るトランプ米大統領(左)と安倍晋三首相=東京・元赤坂の迎賓館で2017年11月6日、高本耕太撮影

 安倍晋三首相を支持する人々は一種の「ファンタジー」を信じている--。そう分析するのは、著書「永続敗戦論」で知られる政治学者の白井聡さん(40)だ。安倍政治の今を読み解いてもらった。【石塚孝志】

対米従属どこまで

 米国に支配されているとの事実から目を背け、自発的に従属を続ける戦後日本の姿を「永続敗戦」というキーワードで論じてきた白井さん。4月には「国体論 菊と星条旗」(集英社新書)を著し、戦後日本が、天皇(菊)に代わって米国(星条旗)を頂点とする「国体」構造を抱えていると指摘した。

 その問題が顕著に表れているのが、沖縄の米軍基地だ。冷戦時には日本の防衛のためだとされた基地の存在理…

この記事は有料記事です。

残り2309文字(全文2601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです