メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

加藤秀俊さん(社会学者) 面白く古びない世間話 書き下ろし評論『社会学』刊行

社会学者の加藤秀俊さん=大井浩一撮影

 『余暇の社会学』『暮しの思想』など数々のユニークな研究・著作で知られる社会学者の加藤秀俊さん(88)が、その名もずばり『社会学』(中公新書)という本を書き下ろした。1950年代半ば、米シカゴ大大学院生の時にこの学問に出合って以来の体験を踏まえ、独自の視野から、しかも読みやすくつづった魅力的な書だ。

 副題は「わたしと世間」。そもそも「社会」という言葉は明治の初め、英語のソサエティーの訳語として用いられ始めた。しかし、この語で意味されるものは昔からあり、日本語では「世間」と呼ばれていた。だから社会学とは、しょせん「世間」に関する学問だというところから説き起こされている。

 「社会学の対象は広く、それが何かという答えはありません。社会評論家として活躍した大宅壮一もすぐれた…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです