連載

揺れる鉄路

毎日新聞デジタルの「揺れる鉄路」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

揺れる鉄路

JR札沼線廃止へ バス転換 月形町、容認方針 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR北海道が赤字不採算を理由にバス転換を求めていたJR札沼線の北海道医療大学-新十津川間について、石狩月形までの一部存続を強く求めていた月形町は16日、廃止容認に転換する方針を固めた。全線廃止を譲らないJR北の姿勢を受け、断念した。【千々部一好】

 浦臼、新十津川両町はバス転換を容認しており、当別町は月形町に歩調を合わせる方針で、存続を求める月形町の方針が鍵を握っていた。これで札沼線の廃止とバス転換が固まった。夏にも正式決定される見通し。同区間廃止が決まれば、石勝線夕張支線に次いで2番目。

 16日、月形町役場で上坂隆一町長と会談したJR北の西野史尚副社長は、町が求めていた北海道医療大学-石狩月形間の存続について「安全面や運行管理上の問題がある」と指摘。「存続は難しい」との回答書を渡した。存続時の条件など約30項目を質問した町への回答で、上坂町長は会談後、「苦渋の決断が迫ってきた」と記者団に述べた。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1444文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集