メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

JR札沼線廃止へ バス転換 月形町、容認方針 /北海道

 JR北海道が赤字不採算を理由にバス転換を求めていたJR札沼線の北海道医療大学-新十津川間について、石狩月形までの一部存続を強く求めていた月形町は16日、廃止容認に転換する方針を固めた。全線廃止を譲らないJR北の姿勢を受け、断念した。【千々部一好】

 浦臼、新十津川両町はバス転換を容認しており、当別町は月形町に歩調を合わせる方針で、存続を求める月形町の方針が鍵を握っていた。これで札沼線の廃止とバス転換が固まった。夏にも正式決定される見通し。同区間廃止が決まれば、石勝線夕張支線に次いで2番目。

 16日、月形町役場で上坂隆一町長と会談したJR北の西野史尚副社長は、町が求めていた北海道医療大学-…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1444文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]