メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
揺れる鉄路

JR札沼線廃止へ バス転換 月形町、容認方針 /北海道

 JR北海道が赤字不採算を理由にバス転換を求めていたJR札沼線の北海道医療大学-新十津川間について、石狩月形までの一部存続を強く求めていた月形町は16日、廃止容認に転換する方針を固めた。全線廃止を譲らないJR北の姿勢を受け、断念した。【千々部一好】

 浦臼、新十津川両町はバス転換を容認しており、当別町は月形町に歩調を合わせる方針で、存続を求める月形町の方針が鍵を握っていた。これで札沼線の廃止とバス転換が固まった。夏にも正式決定される見通し。同区間廃止が決まれば、石勝線夕張支線に次いで2番目。

 16日、月形町役場で上坂隆一町長と会談したJR北の西野史尚副社長は、町が求めていた北海道医療大学-…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1444文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです