メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

厚岸産ウイスキー 新蒸留所が初出荷 「オール地元産」構想も /北海道

 厚岸町に新設された蒸留所がウイスキーを初出荷した。2月末に約1万本の全国販売が始まり、既に品薄の状態だ。小規模設備で造られた各地の「クラフトウイスキー」が話題となる中、原料の大麦や熟成用のたるを厚岸町産でまかなう構想もあり、地域活性化に期待が膨らむ。

 食品原料や酒類の輸出入を手掛ける堅展実業(東京)が建設した「厚岸蒸溜所」は、2016年11月に本格稼働した。立崎勝幸所長(50)は「ウイスキー造りで、厚岸は願ってもない場所」と話す。太平洋に面して夏に霧が発生しやすく、気温も冷涼。英国スコットランドのウイスキー産地、アイラ島の気候に似ているという。

 同社によると、00年代後半から国産ウイスキーの人気が高まり、まとまった量の仕入れが難しくなった。独…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 火災 木造民家から出火 焼け跡から6遺体 仙台
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 仙台住宅火災 「助けて」の叫び声 恐怖で震える近隣住民
  4. ことば 地面師
  5. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです