メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

厚岸産ウイスキー 新蒸留所が初出荷 「オール地元産」構想も /北海道

 厚岸町に新設された蒸留所がウイスキーを初出荷した。2月末に約1万本の全国販売が始まり、既に品薄の状態だ。小規模設備で造られた各地の「クラフトウイスキー」が話題となる中、原料の大麦や熟成用のたるを厚岸町産でまかなう構想もあり、地域活性化に期待が膨らむ。

 食品原料や酒類の輸出入を手掛ける堅展実業(東京)が建設した「厚岸蒸溜所」は、2016年11月に本格稼働した。立崎勝幸所長(50)は「ウイスキー造りで、厚岸は願ってもない場所」と話す。太平洋に面して夏に霧が発生しやすく、気温も冷涼。英国スコットランドのウイスキー産地、アイラ島の気候に似ているという。

 同社によると、00年代後半から国産ウイスキーの人気が高まり、まとまった量の仕入れが難しくなった。独…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文961文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]