メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒造り

南部美人、AI使い 「浸漬」を代替 人手不足解消狙い /岩手

 二戸市の酒蔵「南部美人」が、人工知能(AI)を使った日本酒造りに挑戦している。職人が判断する酒米の吸水時間をデータ化し、最適な結論を導き出す試み。久慈浩介社長(46)は「AIを技術者の相棒に育て、人手不足の解消に役立てたい」と意気込んでいる。

 AIを使うのは、米を蒸す前に水を吸わせる「浸漬(しんせき)」と呼ばれる作業。同社では通常、5トンタンクに米と水を投入し、杜氏(とうじ)らが米の品種や精米歩合、水温などを勘案して、ストップウオッチで計りながら吸水時間を調整する。「1%でも吸…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]