メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生きづらさを抱えて

IDAHOの日に考える/上 職場で知られ警察官辞職 /茨城

「LGBT」定着しても… 自由のない世界、配慮望めず

 5月17日は、世界保健機関(WHO)が1990年に精神疾患リストから同性愛を削除した日だ。欧米を中心に「同性愛嫌悪とトランス嫌悪に反対する国際デー(IDAHO=アイダホ)」とされ、日本でも「多様な性にYESの日」として記念日認定された。この日に合わせ、LGBTの実情を報告する。【加藤栄】

 金曜日の午後7時ごろ、水戸市内にあるスナックを訪れると、蝶(ちょう)ネクタイを付けた男性(25)が…

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです