メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

パートナーシップ制度導入を 6市町で一斉請願 当事者ら、入間皮切りに議会へ /埼玉

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に証明する「パートナーシップ制度」の導入などを求め、さいたま市など県内6市町の当事者らが各市議会への一斉陳情・請願の準備を進めている。東京都渋谷区など全国7自治体で導入済みだが県内では例がなく、LGBTなどの支援活動をする個人や団体が「レインボーさいたまの会」を結成し導入に向けた動きを進める。同会によると、同制度の複数自治体への一斉陳情・請願は全国初という。

 16日の入間市での陳情書提出を皮切りに、坂戸、さいたま、飯能、川越の4市と毛呂山町で順次請願書を提出する。内容は「同性カップル等の『パートナーシップの公的認証』に関する請願」など。具体的には「認証制度」の創設、または理解を促進し性的少数者に住みやすいまち作り▽同性カップルを家族として扱う際の公的サービスの提示▽教育、医療、福祉、就業での差別を許さない施策--などを盛り込む。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです