メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹久夢二

「ST」の謎 挿絵入り冊子「揺籃」 新発見のサインか 千代田・特別展で初公開 /東京

 美人画で知られる画家の竹久夢二(1884~1934年)の挿絵入り冊子「揺籃(ようらん)」が、東京ステーションギャラリー(千代田区丸の内1)で19日に始まる特別展で初公開される。冊子は夢二が学生時代に自作したと考えられ、最も古い絵画作品とみられる。資料的価値はもちろんだが、専門家は表紙に記された「ST」の文字に注目する。これまでに知られた夢二のサインと異なり、「新発見につながる可能性がある」という。【高橋昌紀】

 竹久夢二学会(会長・高階秀爾大原美術館館長)によると、夢二は洋画家の藤島武二(1867~1943年…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
  4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
  5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです