メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

神奈川・小田原 かまぼこ 食卓彩る究極の“練りもの” 重宝な日持ちの加工品 /東京

 小田原と言えばかまぼこ--。「小田原かまぼこ」は神奈川県小田原市で現在12店が製造している。食卓を彩る究極の“練りもの”の歴史を知りたい。歯を押し返すような弾力性のある食感も楽しみたい。生産者や店でつくる地元の協同組合を訪ねた。【成瀬桃子】

 小田原城は2016年、平成の大改修を終えた。そこから海岸に向かう途中に「小田原かまぼこ通り」があり、10店の「本店」が軒を連ねていた。なぜ、小田原とかまぼこが結びつくのだろう。

 小田原蒲鉾(かまぼこ)協同組合の組合長、上村純正さん(64)に聞いたところ、その起源は200年ほど…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1392文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです