メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大戸川ダム

知事、初の公式視察 意見交換会で謝罪も 大津 /滋賀

大戸川ダムに関する意見公開会で住民らの声を聞く三日月大造・滋賀県知事(右端)=大津市牧1の市上田上市民センターで、成松秋穂撮影

 国が大津市に計画し、現在は建設が凍結されている「大戸川ダム」を巡り、三日月大造知事は16日、建設予定地を初めて公式に視察した。計画に伴い、水没予定地から移転を強いられた地元住民らとの意見交換会も開かれ、ダムの早期建設を求める意見が相次いだ。就任からまもなく4年となるタイミングでの、視察の遅さを指摘する声も上がった。【成松秋穂】

 大戸川ダムの治水効果を検証する勉強会の初会合が、30日に開かれるのを前に実施した。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです