メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
三木鉄道跡

遊歩道、交流施設で楽しく 三木市が4.8キロ整備 /兵庫

4.8キロの遊歩道に生まれ変わった旧三木鉄道の線路跡=兵庫県三木市別所町石野1で、浜本年弘撮影

 三木市は、廃線になった第三セクター・三木鉄道(三木市-加古川市、6・6キロ)の線路跡地のうち、三木市内の4・8キロを遊歩道「別所ゆめ街道」として整備した。旧駅舎を活用した休憩所などがあり、観光客らを迎える飲食物産販売店も開設し、鉄路は田園を散策できる遊歩道に生まれ変わった。

 三木鉄道の路線は1916年に播州鉄道が開業。その後国鉄、三セクと運営主体は変えながら利用されたが乗客が減り、2008年3月に91年5カ月の歩みを終えた。市は残った駅舎や線路…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです