メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展「奈良奉行所」

史料で解く 江戸時代の暮らし、鮮やかに 奈良市史料保存館で7月22日まで /奈良

「井上町町中年代記」(井上町有)=奈良市史料保存館提供

見取り図公開

 江戸時代に奈良の町を治めていた奈良奉行所に関する史料を集めた企画展「奈良奉行所」が、奈良市脇戸町の市史料保存館で開かれている。公開された史料からは、当時の出来事や行事、町の人の暮らしの一端が鮮やかに浮かび上がってくる。【中津成美】

 奈良奉行所は現在の奈良女子大の場所(奈良市北魚屋東町)にあり、敷地面積が約2万9000平方メートルで京都や大坂町奉行所などに比べると際立って大きかった。

 町政事務を担当した有力町人らによる職務日誌は、奉行所内の出来事や町人からの訴訟の届け、家屋敷の売買…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです