メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護貝放流

古巣・日田の水路へ 内水氾濫で絶滅の危機、マツカサガイなど150個体 /大分

 昨年7月の九州北部豪雨で内水氾濫に見舞われた日田市豆田町の水路に16日、保護されていた環境省指定の準絶滅危惧種、マツカサガイやトンガリササノハガイなどの2枚貝類150個体が放流された。豪雨で城内川(花月川支流)や周辺水路にたまった市の土砂撤去工事中、絶滅を恐れた日田淡水魚同好会(安藤一二三会長)や市立博物館が別の場所に“疎開”させていたもの。工事が終了し古巣に帰した。

 国の重要伝統的建造物群保存地区の豆田町は、町内の城内川から分かれた水路が旧天領の町並みを縦横に走る…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです