メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

米朝会談の「再考」示唆 訓練に反発 南北閣僚会談中止

 【ソウル渋江千春】北朝鮮は16日、核問題での交渉に長く携わった金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官名で談話を発表し、米朝首脳会談(6月12日)に向けた米国側の姿勢を批判したうえで、首脳会談について「改めて考慮せざるを得ない」と、中止の可能性を示唆した。また韓国に対しても16日未明、この日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると通知した。米韓両軍が11日に始めた定例の共同訓練「マックス・サンダー」を理由に挙げて「われわれの平和的な努力と善意に無礼な挑発で応えた」と非難しており、米朝首脳会談について楽観ムードが出ていた米韓側の虚を突き、交渉を有利に運ぶための戦術だとみられる。

     金次官は「先核放棄、後補償」方式や「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を主張している人物として、ボルトン米大統領補佐官を名指しして批判。「(ボルトン氏の)言葉に従うなら、朝米首脳会談をはじめ朝米関係の展望がどうなるかは火を見るより明らかである」と警告した。

     特に「朝鮮半島非核化の用意を表明した」と自らの立場を強調しつつ、「そのためには米国の対(北)朝鮮敵視政策と核による威嚇を終わらせることが先決条件だ」とも述べ、非核化のためには米国側がまず行動に移るべきだと主張した。

     北朝鮮側は、韓国との閣僚級協議の中止を伝える国営メディアの報道で、今回の共同訓練にステルス戦闘機F22や核兵器が搭載可能なB52戦略爆撃機が参加するとされたことに不快感を表明。北朝鮮が主張する「朝鮮半島の非核化」には、自らの非核化だけでなく、こうした米国の戦略兵器の朝鮮半島への展開の中止を含んでいることを改めて示した。

     これまで、北朝鮮側は米韓合同軍事演習の中止は求めないとの立場を韓国側に明らかにしていたが、中朝関係の急速な改善に合わせ、中国と立場が一致する「演習中止」を強調する方向にかじを切った可能性もある。

     また、金次官は「核を放棄すれば経済的恩恵を与えると騒ぐが、米国に期待をかけて経済建設を行ったことは一度もない」とも主張。「核放棄」という安全保障上の問題に関する見返りとしては経済的利益ではなく、安全保障面での保証が必要だとの立場も強調した。

     一方、こうした北朝鮮の主張に関し、米ホワイトハウスのサンダース報道官は16日、「先方が会談したければ準備ができている。望まないのなら、それでもかまわない」と述べた。

     申範〓(シンボムチョル)・峨山政策研究院安保統一センター長(北朝鮮政治)は「北朝鮮が議論の風向きを変えたり、時間稼ぎをする際の常とう手段だ」と分析している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
    3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
    4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
    5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]