メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

会談再考示唆 米韓、虚突かれ当惑 交渉戦術か

 【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】米韓両軍の定例共同訓練などを非難し米朝首脳会談取りやめも示唆した北朝鮮の発表に、米韓両国は当惑している。虚を突かれた形のトランプ米政権は、国家安全保障会議(NSC)や国防総省の担当者会合を招集するなど真意の確認を急いでいる。同時に米朝首脳会談に向けた準備は継続する構えだ。

 ホワイトハウスは15日、サンダース報道官が声明を発表。「北朝鮮の表明を独自に分析し、同盟国と緊密に…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  5. AV問題 男優が毎月お茶会で語る「業界のありのまま」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです