メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

規制改革推進会議

放送法4条の撤廃 復活を恐れる民放

首相官邸作成の「改革ロードマップ」概要

 政府の放送制度「改革」原案が今春、放送業界を動揺させた。「政治的公平性」を定めた放送法4条の撤廃が盛り込まれたほか、放送と通信の融合で「NHKを除く放送は不要に」と記されたからだ。結局、政府の議論の受け皿である「規制改革推進会議」の4月の論点整理に4条撤廃は含まれず、6月上旬とされる答申でも入る可能性は低くなったと見られる。ただ将来的に復活する恐れは残り、民放は警戒を続けている。【犬飼直幸、青島顕】

この記事は有料記事です。

残り2627文字(全文2829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明
  4. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  5. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです