メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば

ハード・ソフト分離

ハード・ソフト分離

 地上波のテレビ局は従来、放送設備を管理するハード部門と、番組制作をするソフト部門を一体として免許を受け、放送をしてきた。2010年の放送法改正で、多額の投資が必要な放送設備を持たない事業者でも番組制作に参入しやすくするため、「分離」も選択可能になった。しかし、災害報道などでハード・ソフト一体型でないと緊急時の連携で混乱が生じる恐れもあり、現状は全ての局が一体型を選択している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
    3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
    4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]