メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア

元副首相・アンワル氏に恩赦 15年から収監

 【ジャカルタ武内彩】マレーシアのマハティール首相(92)の後継候補とされるアンワル元副首相(70)が16日に釈放され、国王から恩赦を受けた。野党指導者だったアンワル氏は2015年から、同性愛行為の罪で収監されていた。当初は6月上旬に釈放予定だったが、今月9日の下院総選挙でマハティール氏が首相に就任したことを受けて早まった。マハティール氏は、アンワル氏に首相の座を譲ると公言している。

     恩赦後、アンワル氏は記者会見し「陰謀による収監は間違いだった。今後はマハティール政権を支えていく」と話した。

     恩赦により政治活動は再開できるが、マハティール氏は今後1、2年は自ら首相を務める意思を示しており、アンワル氏は今後、まず補選などで下院議員への当選を目指す見通しだ。

     アンワル氏はマハティール氏に政敵とみなされ政界を追われたが、選挙前に和解していた。妻のワンアジザ氏は新政権で副首相を務める。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
    2. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
    3. 東京 手作り傘屋、別れの涙雨 台東区の老舗、来月閉店
    4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
    5. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]