エネルギー基本計画

改定案 原発増設議論、先送り 目標達成遠く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発=西本勝撮影
東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発=西本勝撮影

 経済産業省の有識者会議が16日とりまとめた「エネルギー基本計画」の改定案は、再生可能エネルギーの主力電源化を打ち出したものの、2030年度時点の再生エネや原発の電源構成は従来の目標を維持。一方で、目標の達成に必要とされる原発の新増設や建て替えの判断は先送りされるなど実現性に乏しい内容となり、会議の委員からは失望の声も上がった。

 「原子力も再生エネもはっきりしない。国民に分かりづらく、各エネルギーへの信頼が低下しかねない」。原発が集積する福井県の西川一誠知事は、委員として臨んだ16日の会議で計画案を批判した。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1578文字)

あわせて読みたい

注目の特集