メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

301条制裁、発動に賛否 通商代表部、対中国で公聴会

 【ワシントン清水憲司】中国による知的財産権侵害や企業への技術移転の強要をめぐり、米通商代表部(USTR)は15日、米通商法301条制裁の発動に必要な公聴会をワシントン市内で開催。出席者からは制裁に賛否両論の意見が出た。公聴会は17日までで、22日に意見公募を締め切った後、制裁発動が可能になる。トランプ政権は中国との通商協議の進展をみながら、実際の発動時期を決める方針だ。

 3日間にわたる公聴会では、約120の企業や業界団体が意見を述べる。初日の15日は、米製造業幹部が「…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文540文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]