メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

301条制裁、発動に賛否 通商代表部、対中国で公聴会

 【ワシントン清水憲司】中国による知的財産権侵害や企業への技術移転の強要をめぐり、米通商代表部(USTR)は15日、米通商法301条制裁の発動に必要な公聴会をワシントン市内で開催。出席者からは制裁に賛否両論の意見が出た。公聴会は17日までで、22日に意見公募を締め切った後、制裁発動が可能になる。トランプ政権は中国との通商協議の進展をみながら、実際の発動時期を決める方針だ。

 3日間にわたる公聴会では、約120の企業や業界団体が意見を述べる。初日の15日は、米製造業幹部が「…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです