メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第2局の4

我慢比べ 観戦記・上地隆蔵

 局面のポイントは銀が向かい合った7筋。立会人の中村修九段は「どちらも7五の地点に歩を打ちたくない。相手に打ってもらいたい」と言う。

 例えば[先]7五歩は自然に見えるが、その瞬間[後]8四角が返し技。角の素抜きがあるので[先]7四歩とは指せない。[先]3三角成[後]同桂[先]7四歩と二枚替えの順はあるが、[後]5七角成と馬を作られ、この変化は後手よし。

 一方、後手から[後]7五歩は[先]6七銀左。押さえ込んだようでも、打った歩が邪魔をして7筋の攻め駒…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文568文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]