スマホ「お得」広告

注意書き94%見落とし 消費者庁注意喚起

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「今なら無料」「特割プラン」など、企業が広告で商品の安さや効果を強調する際に示す注意書き(打ち消し表示)。消費者庁が、実在のスマートフォン広告に近いサンプルを使って調べたところ、最大94・3%の消費者が打ち消し表示を見落としていた。消費者庁は事業者に対し、強調と打ち消しが同時に認識できる表示を求めるとともに、消費者に対しては「無料、おトクといった内容が印象…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集