メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

政治分野の男女共同参画法 小林良彰氏 慶応大教授/申キヨン氏 お茶の水女子大准教授

 16日に成立した政治分野における男女共同参画推進法について、意義や今後の課題を有識者2人に聞いた。【聞き手・中川聡子】

恥ずべき状況、脱する一歩 小林良彰氏 慶応大教授(政治学)

 有権者の半数が女性なのに女性議員が少ない日本の現状は、民主主義国家の体を成していない。推進法を国際的にも恥ずべき状況を脱する一歩とすべきだ。研究からは先進国ほど女性議員の比率が高まり、予算の中の軍事費の割合が減り、教育費が増えることが明らかになっている。

 女性は家事や育児負担がある上に、知名度など政治的資本が男性より劣る傾向があり、小選挙区制では不利になる。「死票」や投票率が低下する問題もあり、今の国会が真に民意を反映しているとは言い難い。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

  4. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  5. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです