メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

余裕持てる働き方提案 Spacelook社長・谷口怜央さん(18)

インタビューに答える谷口怜央さん=太田康男撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

谷口怜央(たにぐち・れお)さん

 昨年6月、飲食店を中心に1日限定のアルバイトを探せるスマートフォン向けアプリ「Spacework(スペースワーク)」の運営企(き)業(ぎょう)を創業しました。

 起業のきっかけは中学時代の体験です。名古屋市出身で、中2の時、野球部の練習で腰(こし)を痛めました。一時車いす生活を余(よ)儀(ぎ)なくされ、人通りの多い場所で転んだことがあります。その時、誰(だれ)も助けてくれませんでした。冷たい人が多かったとは思いません。助け方が分からなかったのだと思います。「見て見ぬふりをせず、社会問題を解決したい」。そう考えるようになりました。

 名古屋高校に進学後、貧困問題を知るため、西アフリカ・セネガルに約1カ月間ホームステイしたり、名古屋のホームレスの支(し)援(えん)活動をしたりしました。でも、手が届く範(はん)囲(い)のことしかできない。もっと生活の根本を変えるサービスをビジネスとして展開したいと感じました。ビジネスの現場を学ぶため、親に頼(たの)み込(こ)んで高校を休学(その後は退学)し、上京しました。グルメアプリのベンチャー…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです