メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

余裕持てる働き方提案 Spacelook社長・谷口怜央さん(18)

インタビューに答える谷口怜央さん=太田康男撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

谷口怜央(たにぐち・れお)さん

 昨年6月、飲食店を中心に1日限定のアルバイトを探せるスマートフォン向けアプリ「Spacework(スペースワーク)」の運営企(き)業(ぎょう)を創業しました。

 起業のきっかけは中学時代の体験です。名古屋市出身で、中2の時、野球部の練習で腰(こし)を痛めました。一時車いす生活を余(よ)儀(ぎ)なくされ、人通りの多い場所で転んだことがあります。その時、誰(だれ)も助けてくれませんでした。冷たい人が多かったとは思いません。助け方が分からなかったのだと思います。「見て見ぬふりをせず、社会問題を解決したい」。そう考えるようになりました。

 名古屋高校に進学後、貧困問題を知るため、西アフリカ・セネガルに約1カ月間ホームステイしたり、名古屋…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文956文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]