メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「出自より生きる権利を」 「赤ちゃんポスト」国際シンポ

ドイツで最初にできたゆりかご「ベビークラッペ」について説明するとハネス・ゲルトナーさん=ドイツ北部のハンブルクで

 親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」が熊本市の慈恵病院に開設されて11年。今年4月、ゆりかごをテーマにした国際シンポジウムが同市で開かれ、各国の施設運営者らが取り組みを報告した。

 ●当事者が体験談

 ゆりかごに相当する設備は少なくとも世界11カ国にある=表。シンポジウムには、11カ国の施設運営者や研究者ら約400人が参加した。出生直後に遺棄された経験を持つ米国人のモニカ・ケルシーさん(45)も出席。貴重な体験談に多くの人が耳を傾けた。

 ケルシーさんの母親は17歳の時、性暴力の被害に遭い妊娠、出産2時間後に病院を立ち去った。出生の経緯を知り何カ月も苦しんだというが、当事者だった自分だからこそ性暴力や望まない妊娠などに悩む人を助けられると考え、ゆりかごに相当する「ベビーボックス」導入に奔走。米国では2016年に最初のベビーボックスが開設された。

この記事は有料記事です。

残り2297文字(全文2695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです