メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第1部 「改革」の果てに/7止 「選択と集中」目立つ批判 国立大アンケート

 <科学の森>

運営費削減、独立失われ

 「不渡りを出す寸前の企業のようだ」。水光(すいこう)正仁・宮崎大副学長は、大学運営の現状をこう形容する。

 2004年の国立大学法人化と同時に始まった年1%ずつの運営費交付金の削減は、大学の基盤経費を直撃。現在1人の教員に配分できる額は年20万円ほどで、法人化前の3分の1以下だ。研究者は外部資金獲得のための事務作業に追われ、研究時間も激減。多くの研究者は独創性のある研究に取り組むことができていない。大学の研究力は10年前に比べ「衰えた」というのが実感だという。

 国から独立することで大学の自由度が増し、学長裁量で研究や教育に特色を出せる--。法人化にはそんな期…

この記事は有料記事です。

残り2632文字(全文2932文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです