メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる西野ジャパン

W杯代表最終候補は/下 DF・GK 経験豊富な顔ぶれ 戦術への柔軟性、選考の鍵

川島永嗣=大島祥平撮影

 過去2度のワールドカップ(W杯)に出場しているGK川島(メッス)のほか、DF吉田(サウサンプトン)、長友(ガラタサライ)ら守備陣には経験豊富な選手が多い。ハリルホジッチ前監督時代から大きなメンバーの入れ替えはなく、おなじみの顔ぶれが並ぶことになりそうだ。

 GKは安定した守備を誇る川島、判断力に秀でた23歳の中村(柏)の選出が確実だ。懸念材料だったのが、4月に右頬などを骨折して戦線離脱していた東口(ガ大阪)。12日のリーグ戦で復帰し、視察に訪れた西野朗監督は「けがの影響はあまり感じないプレーだった」と語った。

 DFは前監督時代と変わらず、格上との戦いを強いられるW杯に備え、対人の強さが重視される。守備陣のリ…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1353文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです