メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」の…

 世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」の日本酒部門の審査で山形県内を訪れている15カ国・地域、約60人の審査員が16日、酒蔵見学や郷土料理を楽しんだ。

     品評会の純米酒部門で最高賞に輝いた酒造会社があるなど、「美酒」で知られる山形県。地元の風土や食文化に触れてもらおうと県などが企画し、山形市内の河川敷では名物の芋煮を振る舞った。

     英国人の審査員アントニー・モスさん(44)は「酒はおいしく、芋煮のしょうゆと砂糖は、吟醸とのバランスがいい」と満足顔。審査対象の日本酒より一足先に、山形の味は高い評価を得ていた。【的野暁】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. ぐるっと首都圏・旅する・みつける 東京・調布 深大寺 水と緑が豊かな古刹 都心から30キロのオアシス /東京
    3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
    4. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
    5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]