メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

日大問題 監督「反則指示せず」 学内調査に

 アメリカンフットボールの日大-関学大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が相手選手に反則タックルをして負傷させた問題で、日大の内田正人監督は学内の調査に反則行為などの指示を否定した。日大広報部が16日に明らかにした。

     日大広報部によると、関学大から求められた回答書をとりまとめるため内田監督に事情を聴いたところ、「反則行為などは指示してはいない」と説明した。また、反則を繰り返して退場となった選手以外にも事情を聴いたところ、内田監督からの指示を否定した。

     日大は、これらの調査結果を回答書に盛り込んで15日に関学大に届けた。関学大は17日に記者会見を開き、今後の対応などを説明する。【飯山太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
    2. 有楽製菓 「柿の種サンダー」復活!6月4日発売
    3. 神奈川・茅ケ崎 はねられたのは4人 90歳運転の事故
    4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
    5. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]