メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災なるほドリ

新地震速報、予測精度向上=回答・渡辺諒

 なるほドリ 緊急地震速報の方法が新しくなったの?

 記者 気象庁が3月に導入した「PLUM(プラム)法」のことですね。4月の島根県での地震で初めて使われました。

 Q 従来とどう違うの?

 A 緊急地震速報は最大震度5弱以上の地震で、震度4以上が予想される地域に警報を出す仕組みです。これまでは、地震の初期微動(P波)から震源と規模を推定して速報してきまし…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]