メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦 第1局 山下、激闘制し先勝

 <大和証券>

     <先番・山下敬吾九段-本因坊文裕>

     山口県萩市の観光施設・明倫学舎で15日から繰り広げられた第73期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、萩・明治維新150年記念事業実行委員会など共催、大和証券グループ協賛、マルシフードサービス協力)は16日午後8時21分、256手で挑戦者の山下敬吾九段(39)が本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に黒番半目勝ちし、7期ぶり3度目の本因坊獲得に向け好スタートを切った。残り時間は山下1分、文裕3分。第2局は23、24日、京都市の二条城で打たれる。

     明治維新150年を記念して、ゆかりの萩で打たれた開幕局。双方が秒読みとなった激闘を山下が制した。山下は約2年10カ月ぶりに文裕に勝利し、対文裕戦の連敗に11で終止符を打った。一方、文裕の7大タイトル戦の連勝は17でストップ。自身が持つ18連勝の歴代最多タイ記録は成らなかった。

     文裕がツケ3発で味を付け、下辺でサバキに出た1日目。山下の封じ手(黒51)は右下隅の断点をツぐ自然な手だった。下辺でいいワカレとなり、上辺黒45の肩をツいた白86から午後の戦い。

     中央白の勢力圏で黒の大石の生き死にが絡む読み比べが白熱する。山下は黒125のノゾキから左上隅を荒らして生き、戦いは右辺から上辺へ。さらに緊迫した寄せ合いが続き、山下が僅差の勝負をものにした。

     解説の張栩九段は「秒読みが続く中、勝敗がどちらに転ぶか分からない見事な応酬だった」と話した。【新土居仁昌】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
    2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
    3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
    4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
    5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]