メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

江戸時代に緑茶の製法を開発した永谷宗円の命日…

サケフレークや漬物をトッピングした白米に煎茶を注いでもらう児童=京都府宇治田原町の宇治田原小で2018年5月16日、矢倉健次撮影

 江戸時代に緑茶の製法を開発した永谷宗円(ながたにそうえん)の命日の「お茶漬けの日」(5月17日)を前に、宗円の出身地で茶どころの京都府宇治田原町で16日、小学校の給食で茶漬けが振る舞われた。

     茶漬け製品で知られる食品大手「永谷園」の創業家が宗円の子孫でもあり、子供がお茶に親しみを持つようにと3年前に始めた取り組み。この日は町立小2校の5、6年生約150人が味わった。

     町内産の新茶を白米の上に注いでもらい、競うようにかき込んだ児童は「おいしい」と笑顔。郷土の歴史もこれでさらさら頭に入る?【矢倉健次】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
    2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
    4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]