メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グルメ

「がっつり酔いたい夜」のお供はコレ! 250円のファミマ「うずらたまご」は焼酎・泡盛と合わせて至福(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

普段あまり口にしないけれど、たまに食べたくなってしまう……。今回紹介するうずらのたまごは、筆者にとってまさにそんな一品です。

 

しっかり味がついた白身と、自然な味の黄身のバランスが絶妙!

今回買ってみたのは、ファミリーマート「桜チップで燻製したうずらたまご」。スモークしたうずらのたまごを、しょうゆベースの甘いタレで味付けした商品です。

開封すると甘い香りがほんのりと漂ってきました。その香りの源は、スモークというよりもタレにありそう。茶褐色の見ためからして、味付けが強めのものであることをうかがわせます。

食べてみると、その食感はプリプリしていていささか固めで、噛みしめるとしっかりとした歯ごたえがありました。味がしっかりしみた白身は、酒のアテにするには十分な味付け。一方の黄身は自然な味でとてもまろやかで、しっかりした味わいの白身と相まって、絶妙なバランスを見せてくれます。

 

本品は白身についた甘さが食後しばらく後味として残るため、ビールはもちろんのこと濃いめのお酒とも相性がよさそうです。今回試してみたのは焼酎と泡盛。それぞれロックを本品と合わせてみました。

まず、焼酎とはやはり好相性で卵を口に放り込んでは、ちびちび焼酎を味わうという飲み方がまさに至福。こってりしていたはずの焼酎がまるでソフトなお酒のように飲みやすいものへと変わっていきます。これは、より強いお酒とのコンビでも同様。泡盛は焼酎に比べるとクセはあるものの、本品はそれすらもマイルドに感じさせてくれます。強いお酒とマッチするゆえに、がっつり酔っぱらいたい夜にはおすすめのおつまみといえます。

 

一方、意外にもナイスな組み合わせだったのが赤ワイン。卵なら白ワインだろ? と思われがちですが、実は赤ワインのほうが合うのです。白身の甘みがワインの渋さにぴったりで、一緒に口に含めばふくよかで丸い味わいに。特に、渋みが穏やかなライトなものが好相性と感じました。

 

【満足度ポイント】

焼酎(芋・ロック) ★★★★★

泡盛(ロック) ★★★★

赤ワイン ★★★★

 

ファミリーマート

桜チップで燻製したうずらたまご

実売価格250円

 

【関連記事】
「ふぐの生ハム」が600円台でいいの? やっぱり日本酒が合う、やさしいのにリッチな味
【立ち食いそば】住民のために、あえて他店の味を再現!? さば節の濃厚つゆが笑顔を呼ぶ中延の名店
サントリーのペプシ/レモンティー/炭酸水の新旧飲み比べを実施! いちばん進化していたのは?
海外の赤ちゃんは何を飲んでいる? 世界のミルク事情

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです