メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇即位

新元号1カ月前公表 政府、初めて時期明示

 政府は17日、2019年5月1日の新天皇即位に伴う新元号の公表時期について、同日の改元の1カ月前を想定して準備する方針を決めた。各府省庁の情報システムを改修し、民間企業や地方自治体にも対応を要請する。

     17日に開いた関係省庁連絡会議(議長・古谷一之官房副長官補)の初会合で確認した。政府が公表時期のめどを明らかにしたのは初めて。19年2月24日の天皇陛下在位30年記念式典後の公表を検討してきた経緯から、政府関係者は「4月1日までの間に公表する可能性が高い」との見方を示した。

     政府は国民生活への影響を少なくするため官民から意見を聞き、新元号に対応するシステム改修に1カ月程度かかると判断した。各府省庁の情報システムは西暦を使用するものが多いが、一部では元号を使っており、新元号に備えた改修が必要になる。改修は改元日までに終え、間に合わない場合でも、システム間で情報のやりとりができるよう暫定的な対策を講じる。

     運転免許証など紙の証明書に関しては、改元後も「平成」と表記されたものを新元号に訂正して使用を認めるなど、対策と周知方法を検討する。

     「昭和」から「平成」への代替わりでは、昭和天皇が逝去された日に新元号を公表し、翌日から施行された。30年前と比べてコンピューターが広く普及した今回は、事前準備で混乱を回避する。【野間口陽】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
    3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
    4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
    5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]