メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

機械受注

3月3.9%減 3カ月ぶりマイナス

 内閣府が17日発表した3月の機械受注統計(季節調整値)によると、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は前月比3.9%減の8566億円で、3カ月ぶりにマイナスとなった。2月に大型案件があった鉄鋼業などで反動が出たことが影響した。

     内閣府は基調判断を「持ち直しの動きがみられる」と据え置いた。同様の表現は8カ月連続。

     受注額は製造業が17.5%減の3650億円で3カ月ぶりのマイナス。金属加工機械などの受注が押し下げた。非製造業は2.2%増の4759億円で3カ月連続のプラスとなった。鉄道車両や通信機の受注が伸びた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
    2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
    3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
    4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
    5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]