メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

午前終値100円高 米国株の落ち着き好感

 17日午前の東京株式市場は、最近の米国株の落ち着きが好感され、買い注文が先行して日経平均株価(225種)は反発した。一時100円超上昇した。

     午前終値は前日終値比100円65銭高の2万2817円88銭。東証株価指数(TOPIX)は5.94ポイント高の1806.29。

     16日の米国市場では長期金利が約6年10カ月ぶりの水準まで上がり、企業の金利負担増も意識されたが、主要な株価指数は上昇して取引を終えた。好決算の小売株が買われ、相場を押し上げた。「金利が高い割には株式はしっかりしている」と安心感が広がり、17日の東京市場は朝方から幅広い銘柄に買いが入った。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
    2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
    4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]