メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

反発、終値121円高 安定した値動きで買い優勢に

 17日の東京株式市場は最近の円安傾向が企業業績の拡大期待を高め、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比121円14銭高の2万2838円37銭だった。

     取引時間中の高値と安値の差は87円87銭にとどまり、今年最小幅の値動きとなった。2~3月には乱高下した株式相場が、安定感を取り戻していることを示した。

     幅広い業種の銘柄に買い注文が入り、東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は8.02ポイント高の1808.37で、約3カ月半ぶりの高値を付けた。出来高は約14億7300万株。

     円相場は1ドル=110円台の円安水準が定着しつつある。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
    3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]