メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的虐待

米体操女子、総額550億円で和解成立

ラリー・ナサル被告=ロイター共同

 米国体操協会の元チームドクター、ラリー・ナサル被告による女子選手への性的虐待問題で、被告が所属していたミシガン州立大と被害者の間で和解が16日に成立した。AP通信など複数の米メディアが報じた。総額5億ドル(約550億円)で、米大学スポーツ界でのこれまで最大の和解金1億ドルを大きく上回った。

 最長で禁錮175年の判決を受けたナサル被告に虐待されたと訴えた女性は五輪金メダリストを含む332人にも上り、4億2500万ドルが支払われる。7500万ドルは新たに訴え出た被害者のために用意されるが、大学側はどのように工面するかは公表していない。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]