メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃校の小学校

“再生”に向け写真家が募金始める

旧仁鮒小前に立ち、作曲家・成田為三ゆかりの地であることを記した石碑に手をかける江川正幸さん=秋田県能代市で2018年4月、田村彦志撮影

築89年の木造校舎

 秋田県から青森県にかけて広がる白神山地などで希少な動植物を撮影し「生命誌写真家」として活動する江川正幸さん(64)=秋田県八峰町在住=は、能代市二ツ井町の旧仁鮒(にぶな)小(2008年廃校)の“再生”を目指し募金を始めた。雨漏り工事などの改修や保存活動にあてたいという。

 同小は「浜辺の歌」「かなりや」の作曲者、成田為三(1893~1945年)の母校。現在の木造校舎は1929年に建築された。天然杉がふんだんに使われ、…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです